2012年04月13日

リフォームでと二世帯住宅を考える

 リフォームでは家族同士のつながりが見直されてきていて二世帯住宅の需要も以前に比べると増えています。
では、2世帯が一緒に住む家の理想型はどんな形なのでしょうか?

 二世帯住宅には浴室やキッチンなどを共有した一体型と各世帯が別々に生活できる分離型の部屋のレイアウトがあります。
現在はお互いの生活スタイルを重視するため分離型が多い傾向があります。
分離型の設計は、世帯ごとの設計になるため、共有部分にもなる玄関の大切さが忘れられがちです。

 玄関ではお互いが顔を合わせるコミュニケーションの場でもあります。
生活リズムがお互いに違う分、顔を合わせることができる空間を大切に楽しく過ごせる設計にするといいと思います。

家族の絆を大切にしたリフォームでは、広島 リフォームのヤマネウッディリフォームがオススメです。
posted by 外壁塗装屋さん at 06:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。